HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
日本公開の韓国映画の興行成績低迷と韓流ブームの考えの違い!|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  映画関連News >  日本公開の韓国映画の興行成績低迷と韓流ブームの考えの違い!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

日本公開の韓国映画の興行成績低迷と韓流ブームの考えの違い!




日本で最も観客を動員した韓国映画は去年10月22日に日本で公開されたチョン・ウソン&ソン・イェジン主演の『頭の中の消しゴム』が何と言っても心打った感動園がで記憶に新しい。 そしてこの2人は韓国ではトップスターだが、日本ではまだ「韓流スター」とは呼べない俳優だ。 ところが同作はペ・ヨンジュン、チェ・ジウ、クォン・サンウ、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホンら名だたる韓流スターが主演した映画を押しのけて30億円の興行収入を上げ、堂々の1位となった事が大きな話題となった。

2位は「ヨン様」ことペ・ヨンジュン&ソン・イェジンが主演した『四月の雪』で、興行成績は27億5000万円で、去年9月17日に日本で公開された『四月の雪』は700万ドル(約8億2000万円)で日本に輸出されるなど、ペ・ヨンジュン主演というだけで、日本で大変な関心を呼んだ。
チョン・ジヒョン主演の『僕の彼女を紹介します』は20億円で3位となった。 4位は『シュリ』の18億円で、5位は『ブラザーフッド』12億円、6位『JSA』11億5000万円で、以上が10億円以上の興行収入を記録した映画だ。

この状況を見ると、韓流スターが出演した映画のほとんどが日本での興行不振にあえいでいる事が伺える。 ペ・ヨンジュンと『冬のソナタ』で共演した「ジウ姫」ことチェ・ジウは日本で人気があるものの、映画では苦戦した。

チェ・ジウ主演の『連理の枝』やチョン・ジヒョン主演の『デイジー』、そしてチャン・ドンゴン&イ・ジョンジェ主演の『タイフーン』は韓国でもそうだったが、日本でも期待に反して興行成績は振るわなかった。 『デイジー』制作スタッフは具体的な数値はまだ集計できていないとしている。 現在行われている第2次公開が終われば分かるとの事だ。 またイ・ビョンホン主演の『甘い人生』も6億5000万円という興行成績に甘んじている。

今月19日に日本で公開されたクォン・サンウ主演の『青春漫画』と26日公開された『僕の、世界の中心は、君だ。』も状況は同じだと言う。 ペ・ヨンジュン、チャン・ドンゴン、イ・ビョンホンとともに日本で韓流ブームの主役とされるクォン・サンウ主演の『青春漫画』は公開初週の興行成績でトップ10圏外だった。

『僕の、世界の中心は、君だ。』は日本で小説・映画ともブームとなった『世界の中心で、愛をさけぶ』の韓国リメーク版。ドラマ『秋の童話』のソン・ヘギョと『猟奇的な彼女』のチャ・テヒョンが主演したが、これまた現在、日本の興行成績でトップ10入りできておらず、日本の観客の関心は高くないのが実情だと言う。

日本の場合には、ドラマから人への人気が始まる傾向が強い。 従って人気があるからと言っても、映画が人気を呼ぶとは限らない。 要はファンミーティングのように来日してあう事に意義がある。 また映画についても、映画を見るとか言うよりは、撮影現場に行って本人を見る。 撮影場所を見る事に関心が高い。 現にヨン様はビジネス含めて正直大金持ちになったが、その人気は衰えを知らない。 ビョン様も同様だ。 ファンミーティングに5万人という大規模ミーティングを達成している。 従って感心と人気と映画の復興収益とは違う部分があるのは事実だ。
こういう傾向を見て韓流ブームが衰えたという判断は間違っており、ファンはその人間性や行動に興味があり、一緒に行動を共に、苦しみを分かち合える事が重要なわけで、決して映画の成績が悪いからと言って、人気の判断にはならないという事を重要視しないとならないと私は考えるが。。。


[ 2006年09月02日 20:51 ] カテゴリ:映画関連News | TB(9) | CM(-)
トラックバック
この記事のトラックバックURL

チェ・ジウ
チェ・ジウは日本では「冬のソナタ」でおなじみの、涙の女王とも呼ばれる清純派女優。
[2006/09/08 09:19] 韓流スター情報館
ソン・イェジン
清楚な正統派美人女優。ドラマ「夏の香り」「ラブストーリー」では可憐な女性を演じましたが、ペ・ヨンジュンとの共演で話題となった、映画「四月の雪」ではイメージの異なる大人の女性を演じました。
[2006/09/09 10:16] 韓流スター情報館
ソン・イェジン
ソン・イェジンは清楚な印象の正統派美人女優です。ソン・イェジンは日本のCMにも出演し、注目されるようになりました。
[2006/09/25 18:03] 韓流スター情報倶楽部
チャ・テヒョン
チャ・テヒョンは、どことなく憎めないキャラクターが魅力の俳優です。
[2006/10/04 22:33] 韓流スター情報館
ソン・ヘギョ
ソン・ヘギョは早口でおしゃべりなことから「きつつき」と呼ばれる人気女優です。
[2006/10/06 13:18] 韓流スター情報倶楽部
チェ・ジウ
チェ・ジウチェ・ジウ(崔志宇、1975年6月11日 - )は、大韓民国|韓国の女優である。京畿道坡州市出身。本名は崔美香(チェ・ミヒャン)。血液型A型。身長174cm。クリスチャン。釜山女子専門大学舞踊科 卒業後、MBC23期新人タレントとして将来を期待されるも、1996年のドラ
[2006/10/22 05:23] 韓国有名人辞典
シュリ
秘密情報機関OPの特殊諜報員ユ・ジュンウォン(ハン・ソッキュ)とイ・ジャンギル(ソン・ガンホ)は相次ぐ要員暗殺事件の捜査中、情報提供予定者であった部機密売商が射殺される事件によって、北朝鮮の特殊8軍団が介入していることを知る。
[2006/11/08 11:09] 韓流スター情報館
JSA
韓国、北朝鮮を分断している38度線。南北分断の象徴である共同警備区域(JSA)で北朝鮮の兵士が韓国の兵士に射殺される事件が起きた。
[2006/11/10 13:20] 韓流スター情報館
ブラザーフッド
1950年のソウル。兄ジンテ(チャン・ドンゴン)は一家の家計を支え、恋人ヨンシン(イ・ウンジュ)との結婚と、弟の大学進学のためにと苦しいながらも充実した日々を送っていた。
[2006/11/20 15:31] 韓流スター情報館
韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。