HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
ユン・スンアが低予算の独立映画に出演した理由「女優としての限界を考えていたときに…」|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  韓国スター >  ユン・スンアが低予算の独立映画に出演した理由「女優としての限界を考えていたときに…」

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

ユン・スンアが低予算の独立映画に出演した理由「女優としての限界を考えていたときに…」

2014-04-24-yun-suna.jpg

女優ユン・スンアが低予算の独立映画(配給会社を通さず、制作者が直接映画館に売り込む映画)に姿を現した。今回が初めてではないが、これまで様々な作品に出演し、人気女優の仲間入りを果たしたユン・スンアが独立映画に出演した理由は、やはり気になる。

それで聞いてみた。もっと沢山の人に見てもらえる商業映画やドラマではなく、なぜ独立映画「綺麗なものになれ」を選んだのか。可愛くてハツラツとして愛らしいキャラクターばかり演じてきた彼女が女優として限界を感じていた時、彼女に訪れてきた作品がこの作品だったという。何でもストレートに言い、男にすがっていたずらするなど、茶目っ気たっぷりな劇中のチェ・ギョンヒというキャラクターが自身の姿と似ていたと言った。

「最も沢山の作品に出演して疲れていた時、このシナリオを読みました。些細なことの面白さとユーモアが本当に面白かったです。これまでは可愛くて愛らしいキャラクターを主に演じてきたので、そんなイメージが強かったでしょう。劇中のギョンヒを見ながら一番惹かれたのは、私と似ていることでした。普通人々は私を愛嬌のある性格だと思いますが、私は優しい言い方も知らないし、愛嬌もないし、表現も苦手です。そんなところが似ていました。これまで出演した作品が私には全部大切ですが、女優としての限界について考え、多様な役を演じたいと思いました。その時ちょうどこの作品に出会えて特に悩まず選択しました」

得るものも多かった。何より漠然としていた女優という道がさらに明確になったことが一番大きな収穫だった。そして厳しい環境でひたすら情熱一つで映画を作るスタッフたちの姿を見て、女優としてもう一度情熱を持つきっかけになったという。沢山の人に見てもらえない独立映画だが、ユン・スンアはこの作品に出会ったことにとても感謝していると言った。

「道端でスカウトされてデビューし、モデルの仕事をしてから演技を始めることになりましたが、他の分野を専攻していた私が役者を選んだので演技について知らずにやった部分もあったし、女優という道が明確でもなかったと思います。ところが、今回の作品をしながら『このような女優になりたい』と思うようになりました。私に足りないところがあるからこんなことをしなきゃと思ったし、私が置かれた環境に感謝しなきゃと思いました。ここまで映画制作が大変だとは知りませんでした。思ったより環境がよくなかったです。スタッフの方々は情熱一つで大変な仕事に堪えていました。そのおかげで沢山のことを感じました。私にもそんな情熱があるのだろうかと、自分自身を振り返ってみました。この作品をすることになって本当にありがたいです」

女優として得るものが多かった彼女に「綺麗なものになれ」以降の活動も重要なはずだ。女優という道が漠然としていた20代とは異なり、自身が何をすべきかが見え始めたと言う彼女は、色々な姿を見せるため努力すると言った。次回作の映画も今までとは違う姿を見せると言う。

「すぐに撮影に入る映画も今までの作品とは違うジャンルです。これからは、今までお見せした姿とは違う姿をお見せしたいと思います。多様な姿ではなく、特定のキャラに止まっていると自分自身にも停滞期がやってくるような気がします。そういう面で『綺麗なものになれ』が私には新たな試みでした。うん…作品をしていくうちに、だんだん勇気が出るようです。もちろん『可愛くて愛らしいキャラクターはしない』と決めたわけではありませんが、様々な役を演じることが重要だと思います」

「どんな女優になりたいか」という質問にはかなり真剣になった。言葉の一言一句を慎重に選ぶ彼女の姿から「この人は非常に悩んでいるんだ」と感じたほどだ。彼女はいい女優になりたいと言った。そうなってこそ人々に長く記憶されるはずだと言う。映画の題名のように“綺麗なものになれ”るユン・スンアに期待していると言ったら明るく笑って見せた。

「劇中の人物の名前で呼ばれるのが一番嬉しいです。『ロマンスが必要』に出演した時も、劇中の名前で呼ばれた時、幸せでした。そしてすべてが人と人の間で行われるものだから、いい人、いい役者になりたいです。そうなってこそ人々の記憶に残るし、心も伝わると思います」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1992606&categoryCode=IV より

<
関連記事


韓国スター・ドラマ検索はこちら
http://kankoku.sakuraweb.com/

ブログパーツ
[ 2014年04月24日 15:20 ] カテゴリ:韓国スター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。