HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
「起爆」パク・ジョンミン“あえて演技を頑張らなかった”理由とは?|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  韓国スター >  「起爆」パク・ジョンミン“あえて演技を頑張らなかった”理由とは?

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「起爆」パク・ジョンミン“あえて演技を頑張らなかった”理由とは?

2014-04-03-pak-jyonmin.jpg

まっすぐで真面目そうなこの男性が社会に適応できず彷徨う若者を完璧に演じこなす。俳優パク・ジョンミンは映画「起爆」(監督:キム・ジョンフン)で、自由奔放さを超えて怖いもの知らずの男性をリアルに演じた。

パク・ジョンミンという名前はまだ聞き慣れないが、顔はどこかで見たように親しみがある。彼は映画「Bleak Night(原題:番人)」と「クライング・フィスト」で顔を知らせた。「Bleak Night」ではイ・ジェフンの友だちで、「クライング・フィスト」ではファン・ジョンミンの若き時代を演じた。ここまで聞くとパク・ジョンミンという名前を知らなかった人も映画で見た彼の顔を思い出すかもしれない。現在、彼は様々な演技で自身の地位を固めている。

今回彼は映画「起爆」でヒョミン役を演じた。パク・ジョンミンは、ヒョミンについて、狂人に近く、もし現実に存在するとすれば、社会不適合者として刑務所にいると思うと説明した。現実にはいない理解しがたい人物であり、これまで経験したことのないキャラクターを演じるのは決して容易ではなかったはずだ。

「撮影する時、実は混乱していました。これまでやってきた演技と違っていましたし、役へのアプローチの仕方も違っていました。実はあまり頑張りませんでした(笑) 怠けて頑張らなかったというよりは、役柄上、頑張ってはいけなさそうな人だったので、特に準備もせず現場で感じるままに演じました。撮影が終わった後は少し心配でしたが、思ったよりちゃんとできていたので良かったと思います」

演技を頑張らなかったとは、誤解を招きそうな発言だった。しかし、映画を見た人ならばその言葉の意味を理解できる。パク・ジョンミンの自然な表現方法こそ、ヒョミンをあるがままに表現できる最良の方法だったのだ。パク・ジョンミンは、映画の撮影中に相談していない行動をする時もあったと打ち明けた。生のヒョミンという人物を表現するために、その瞬間思いつく行動やセリフを言ったりもしたという。

「ヒョミンを演じる時、実は楽しかったです。大変だったのは、シナリオをもらって、その人物にアプローチする過程で勉強するのが大変でした。しかし、現場ではむしろ環境が整っていて、演技できる環境に置かれるのでおもしろかったです。このような生き方をしたことがありませんので。車を壊したり、盗み事をしたり、いろんなことをして楽しかったです。観客も見て代わりに満足し痛快さを感じていただければと思います」

演技もでき、勉強もできるパク・ジョンミンは、“オムチナ”(勉強ができて性格もよく、何でもできる完璧な人)だった。高麗(コリョ)大学に入学したが、彼は自身が希望する演技をするために思い切って入学を辞退し、韓国総合芸術学校に入学したという。頭もよく夢に向かって挑戦する大胆さまで、話を交わすほど彼の率直な魅力に魅せられた。しかし、本人は“オムチナ”という修飾語を負担に感じているようだった。

「“オムチナ”という呼び方はやめてほしいです。自分はそんな人ではありません。スピードスケートも上手な人と一緒に滑れば成績が上がるように、いい高校に通って、勉強ができる人々の間にいたため、無意識の間に勉強をするようになっただけです。正直勉強は嫌々しました(笑)」

嫌々勉強して高麗大学に入学するとは羨ましいことだが、実は彼は韓国芸術総合学校に落ちて、高麗大学に行くしかなかったという。結局彼は、中学3年生からの演技の夢を諦められず、夢に向かって再度韓国芸術総合学校に挑戦したという。

「元々演技をしたかったのですが、田舎だったので演技を学べる場所がありませんでした。それで一人で映画を勉強して自分の映画に自分が出演すればいいだろうという思いで、韓国芸術総合学校の映画科に志願しました。しかし、いざ入学したら、それは容易なことではありませんでした。それで悩みに悩んで軍隊に行ってから演技科に転科しました」

演技に対するパク・ジョンミンの夢は現在進行形だ。彼は演技について、今までやってきたことの中で一番長くしている仕事で、やりたいから楽しいという。彼は几帳面でミスをしない性格なので、俳優になっていなければ公務員が向いていたかもしれないと話した。しかし、パク・ジョンミンは演技に関する話をする時、目をきらきらさせる俳優そのものだった。彼は映画、ドラマ以外に演劇にも出演し、実力を磨いている。

「演技を遅く始めたせいか、基本的な身体訓練ができていないという被害意識があります。演劇は俳優の基本的な訓練をさせてくれます。また、演劇がやりたいという盲目的なロマンもありましたし。ゲームをプレイして経験値が上がるように、演劇をして劇場のドアを出る時は、自分自身が成長している感じがします」

このように欲張りな俳優だが、実際にやってみたい役柄はあるかという質問に、はっきりとないと答える。まだシナリオを選べる立場でもないし、いい映画の一部になるだけでも光栄だと話す謙虚な俳優だ。また、ストーリーがきちんとしていれば、役柄は自然に出てくるものだという所信を述べた。やってみたい役柄はないが、必ずやってみたい映画のジャンルはあるという。

「スポーツ映画や集団の群舞が登場する映画をぜひやってみたいです。スポーツ映画は欠かさず見ますので。以前『クライング・フィスト』の撮影の時、ボクシングをやりました。大変でしたが、心臓を躍らせる何かがありました。集団の群舞が登場する映画も好きです。『ウォーターボーイズ』や『スウィングガールズ』のような映画です。ダンスは苦手ですけど(笑)」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1991849&categoryCode=IV

<
関連記事


韓国スター・ドラマ検索はこちら
http://kankoku.sakuraweb.com/

ブログパーツ
[ 2014年04月03日 22:09 ] カテゴリ:韓国スター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。