HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
CNBLUE ジョン・ヨンファ、同級生が明かす彼の過去 ― Vol.1|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  K-POP関連News  >  CNBLUE >  CNBLUE ジョン・ヨンファ、同級生が明かす彼の過去 ― Vol.1

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

CNBLUE ジョン・ヨンファ、同級生が明かす彼の過去 ― Vol.1

2013-11-20-yonfa.jpg

1989年6月22日生まれであるジョン・ヨンファは、釜山(プサン)久瑞(クソ)小学校、南山(ナムサン)中学校、南山高校を卒業し、2010年にCNBLUEでデビューした。ジョン・ヨンファは幼い頃からハンサムな容貌とずば抜けた歌の実力で、近所で有名だった。南山高校時代は毎年、学芸会のステージに上がって人気を博していた。高校時代、バンド部に加入したが、公演する機会を得ることができず、“時事部”という(あまり似合わない)サークルで活動したり、廊下を走り回るのが好きなやんちゃな生徒だった。彼についてどうしてこんなによく知っているのかと?ファンなのかと?誤解しないでくれ。私はただ、ジョン・ヨンファの小学校と高校の同級生だ。

ただ、歌の上手いイケメンで茶目っ気たっぷりな生徒だと思っていたのに、いつの間にかジョン・ヨンファはアジアはもちろん、中南米まで虜にする韓流トップバンドCNBLUEのリーダーとして5年という時間を過ごしてきた。5年間、活動を続けてきて彼は考えが深まり、音楽も成長した。それでは、芸能人ジョン・ヨンファではなく、高校生のジョン・ヨンファはどんなことを考えながら生きていたのだろうか?最近、ミニアルバム「Can't Stop」をリリースして活発な活動を行っているジョン・ヨンファを突然訪れた。最初は少し驚いたように見えたが、いつの間にか気楽に話を交わしていた。子供の頃の記憶を共有する2人が会って交わした話をここで公開する。南山高校の生徒たち、見ているか?
―突然現れてすまない。自分の過去を知っている女子が現れて驚いたでしょう?

ジョン・ヨンファ:いや、全然!僕は何も悪いことをしてないんで全然大丈夫(笑)

―本当に大丈夫?実は私は小学校の時からあなたを知っていた。その頃からすでに有名だったから。自分がイケメンだということをいつから分かっていたのか?

ジョン・ヨンファ:イケメン?いや、確かに有名ではあったかもしれない。でも、イメージを管理したりはしなかった。どっちかというとやんちゃな子だったから、女の子の幻想をすべて破っていた(笑) 僕が有名だというのも、周りから聞いて知った。街を歩いていたら、「ああ、あそこ、ジョン・ヨンファだ」のような反応だった。でも、そんなに有名な方でもなかったと思う。近所で有名なだけだった。

―高校の知り合いの話を聞いたら、確かに歌が上手くてハンサムだと思ったが、芸能人になるとは思わなかったという。いつから芸能人になろうと思ったのか?

ジョン・ヨンファ:芸能人になると本気で決心したのは、キャスティングされてからだ。釜山では芸能人になるなんて想像もできないことだ。ソウルだけで起こる夢のような話だと考える人が多い。実はキャスティングのオファーは高校1年生の時に受けた。断り続けてきたが、高校3年生の受験勉強の時、ソウルに遊びに行ってオーディションも受けてみたら合格した。

―それでは、音楽に興味を持ち始めたのはいつからなのか?

ジョン・ヨンファ:○○という友達と音楽の話をたくさんしながら、興味を持つようになった。

―あ、レクリエーションの時、ステージによく一緒に上がった人?

ジョン・ヨンファ:そうだ。あの子といつもカラオケに行くなど、真剣に音楽をやるよりただ楽しんだ。音楽を作るソフトが一つ100万ウォン(約97万円)ぐらいするから、お金がなくてデモバージョンをダウンロードしてレコーディングしたり、音楽を作ってみたりした。それは中3の時からやっていた。そうやってデモバージョンだけ使ってて、会社に入ってから真面目に音楽を習うようになった。

―学生時代、学芸会や修学旅行のレクリエーションのようなステージがあれば必ずステージに上がった。その時から歌手になる才能を少しずつ発揮していたのか?

ジョン・ヨンファ:僕は自分は芸能人としての才能を持っているとは思わなかった。ただ前に出たり、注目されるのが好きだった。それが芸能人という職業に繋がるとは考えていなかった。でも、幼いころの経験が非常に役立ったと思う。両親が、兄を本当にたくさん勉強させた。でも、僕には芸術や体育などをたくさん教えた。小学校の時からピアノを習った。6年生の時はJWとクラリネットも習い、管弦楽団にも入っていた。

―あ、JW!6年生の時、私のクラスの学級委員だった(笑) ピアノやクラリネットなど幼い頃から音楽に触れる機会が多かったようだ。

ジョン・ヨンファ:本当に?不思議だ(笑) そして、中学校の時は友達とカラオケに行くのが好きだった。昔はゲームセンターにあるカラオケが流行ったじゃないか。今は無くなったソンギョンゲームセンターを覚えてる?そこにあるカラオケでいつも歌を歌った。そして、周りから歌が上手いと言われて、より楽しむようになった。高校の時はバンド部に入った。FANATICというバンド、知っているだろう?1年生の時に入ったが、先輩だけ公演に参加して僕にはやらせてくれなかった。その時にステージに立ちたいと切に願ったことが、デビューしてようやく叶った。

―3年生の時、学芸会で一緒にデュエットで歌った女の子を訪ねて聞いたら、その子が「その時はかっこつけるような声だったが、今は自分の声を見つけたようだ」と話していた。

ジョン・ヨンファ:デビューする前に日本で公演を行いながら自分の声について少しずつ知るようになった。公演を行ったり、録音を続けて行う過程で僕の歌声に合うトーンを見つけ、それが自分の歌声だと確信した。正直、幼い頃は上手な歌手や好きな歌手の声をたくさん真似してみたり、そんなことに対するスランプもあったが、公演をたくさん行ってみたらようやく自分の声について知るようになった。

―どんな声なのか説明してみて。

ジョン・ヨンファ:説明か……。バラードを歌う時は空気半分、声半分だ(笑) ロックを歌う時は様々なカラーを出せる声だということを発見した。

―高校1年生の時の学級委員にジョン・ヨンファについて聞いてみた。すると、「ジョン・ヨンファの本質はいたずらっ子だ」と話した。同意するのか?

ジョン・ヨンファ:(笑) ダメな学級委員だな~ 高校の時、僕が本当にたくさん助けてあげたのに!(笑) でも、同意する。実はいたずらっ子という言葉が好きだ。僕は本当によくいたずらをするから。バラエティ番組に出演したら、そんな僕の姿がよく現れる。バラエティ番組では普段と同じく行動するからだ。ステージの上では真面目に歌を歌わなければならないから、普段のふざける姿とは違いがある。

―いわゆる意外な魅力ということか?(笑)

ジョン・ヨンファ:意外な魅力というより、僕の中にそんな部分があるので、ステージでより楽しくできるようだ。僕自体もコンサートを楽しむ方だ。実はデビュー初期はステージが気楽ではなく、大衆の前に立つ時は自分を少しかっこつける部分があった。でも、そんな自分を破ったら、むしろより楽しくなった。

―“BAGBING”を覚えている?高校2年生の時、学芸会であなたが他の友達と一緒にBIGBANGを真似た“BAGBING”というグループを作って「Lalala」を歌った(笑) その時、BIGBANGが大好きだっただろう?

ジョン・ヨンファ:そうだった(笑) 今もBIGBANGに会うと不思議な感じがする。

―いたずらっ子だった学生時代のジョン・ヨンファと今のCNBLUEのジョン・ヨンファを比べると、隔世の感がありそうだ。

ジョン・ヨンファ:本当にたくさん感じている。

―実は私もあなたがデビューしたドラマ「美男<イケメン>ですね」の一番最初のシーンを見た時、とてもぎこちなくてテレビを消してしまったことがある。多分バンに乗っていたシーンだと思う。

ジョン・ヨンファ:そうだ(笑) 僕もその時に「美男<イケメン>ですね」を気楽に見ることができなかった。自分でもとてもぎこちなかった。演技はやればやるほど難しいようだ。

―高校時代の友達とはよく会っているのか?

ジョン・ヨンファ:皆釜山にいるからあまり会えないが、それでは自分自身を失いそうで釜山に行ったら必ず友達と会う。友達に会ったら皆顔は老けているが、感情は昔のままである(笑) 会うたびに昔の話をするが、とても面白い。それで、いつも同じ話をしたりする。そして幼い頃は友達が本当に多かったが、連絡が続いていない友達も多くて、偶然会ったらすごく嬉しい。この間も釜山大学の前に行った時に友達と会った。

―ジョン・ヨンファは南山高校の生徒にとって誇りだ。直接の知り合いではなくても、“同級生”だと自慢する子も多い。

ジョン・ヨンファ:僕が熱心に頑張る理由の一つがそれだ。友達が「ジョン・ヨンファが僕の友達だ」と自慢したという話を聞くと、とても嬉しくなる。恥ずかしい友達になりたくない。家族や友達にとって自慢である人になりたい。

―実はあなたが羨ましいとも思った。幼い頃から自分の才能を分かって、好きなことや上手なことで成功を収めたから。

ジョン・ヨンファ:それに関してはただ有難いと思っている。実はやりたくない仕事をやる人もたくさんいるだろうし、僕もやりたくないことをやる時が多かった。でも、今は環境上、僕がやりたい仕事をやっているということ自体が恵まれていると思う。誰かにとっては一番羨ましい職業を持っているのだから。それで、友達にとってずっと自慢の友達として残りたい。

―これからCNBLUEの音楽はどうなっていくのか?

ジョン・ヨンファ:正直、僕もよく分からない。だから、より面白いと思う。曲も無理やり作るより、その時に感じた感情で曲を書くからだ。悲しいことがあったらdeepな曲ができるだろうし、再び軽快な曲が好きになったらそんな曲を作るだろう。今回のアルバム「Can't Stop」の場合は、CNBLUEができるかっこいい音楽のようだ。CNBLUEだからできる音楽だ。

―では、50代のジョン・ヨンファはどんな人になりたいのか?

ジョン・ヨンファ:外国の授賞式を見ると、年を取っても若い歌手とコラボステージを行い、かっこよく見えるアーティストがいるじゃないか。そのように、僕の音楽を後輩歌手たちがリメークして歌うステージを見たい。今の僕たちも先輩の曲をたくさん歌っているが、後で後輩たちが僕たちの歌を歌ったり、また彼らと一緒に公演するなど、そんな風に生きていきたい。

―最後に南山高校の友達に一言。

ジョン・ヨンファ:僕は釜山に行ったら必ず南山高校を訪れる。とても好きだ(笑) そして、僕が釜山に行く日は3年1組の友達がいつも集まる。僕が釜山に行く日が同窓会の日だ。それで、彼らに本当に感謝している。現在、友達が就職準備をしているが、みんな幸せになってやりたい仕事ができるようになったらいいなと思う。僕たちももう26歳だが、これからもずっと会うたびに楽しい友達として残っていてほしい。

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1990580&categoryCode=IV

<
関連記事


韓国スター・ドラマ検索はこちら
http://kankoku.sakuraweb.com/

ブログパーツ
[ 2014年03月16日 22:09 ] カテゴリ:CNBLUE | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。