HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
EXO、シンドロームを起こしたもう一つの怪物 ― アイドル新三国志|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  K-POP関連News >  EXO、シンドロームを起こしたもう一つの怪物 ― アイドル新三国志

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

EXO、シンドロームを起こしたもう一つの怪物 ― アイドル新三国志

2013-08-19-exo-1.jpg
2013-08-14-exo-1.jpg

“お兄さん”が“おじさん”になれば、大衆はまた違う“お兄さん”を求め始める。さらに時間が経てば、また違う“弟”や“妹”を求め始めたりもする。悲しいけれども冷静な、アイドル市場の摂理である。このようにアイドルグループは、彼らなりの世代交代を繰り返しながら約20年もの間、10代の市場を制覇してきた。第3世代のアイドルたちが音楽界に続々と登場している今、彼らを誕生させた先祖格の第1、第2世代のアイドルグループを振り返ってみよう。

「K-POP」が韓流のもう一つの名前として命名された中、韓国音楽界でもやはりアイドルの勢いが強くなっている。一日おきに一チームが作られるという、アイドルの洪水時代であるためだ。しかし、そこで生き残ることさえできれば大衆から絶対的な支持を受け、“ホットルーキー”として定着することができるため、今日も音楽界は依然としてアイドル探しに、またアイドルになるために動いている。

韓国音楽界の3大事務所であるSMエンターテインメント、YGエンターテインメント、JYPエンターテインメントもやはり、王座を引き継ぐルーキーづくりに余念がない。そして、変わらず東方神起、少女時代、BIGBANG、2PM、2NE1、Wonder Girlsなどその名も轟くアイドルグループを制作した3社もまた、野心に満ちた刀を準備している。SMエンターテインメントのEXO、JYPエンターテインメントのGOT7、YGエンターテインメントのWINNERがその中核だ。

SMのEXO ― 神秘主義アイドルを作れ
1996年、イ・スマンが制作した神秘主義アイドルグループH.O.T.の誕生は、言葉通りのシンドロームだった。彼らのコンサートがある日は、ソウルの電車が運転を延長し、数十人のファンが気を失ったことも既によく知られている事実だ。5年間の短い活動だったが、「Candy」「I yah!」「光(Hope)」「Outside Castle」など多くの名曲も彼らの人気を代弁している。彼らに続いてデビューした神話(SHINHWA)は、現在韓国の最長寿アイドルグループとして活動している。その後SMエンターテインメントは2003年東方神起をデビューさせ、事実上アイドル王国体制を稼働させた。韓流と共に海外進出が加速化されたのも、この頃だ。その後SUPER JUNIOR、少女時代、SHINee、f(x)が連打席本塁打を飛ばし、現在EXOが第3世代アイドルの先頭に乗り出している。


もう一つの怪物、EXO
チームの構成からして斬新だ。母体はEXOだが、韓国で活動するEXO-Kと、中国で活動するEXO-Mに別れ、2012年4月にそれぞれデビューした。2013年のように例外的に12人が一緒に活動することもあるが、2チームの個別活動が中心となっている。韓国のメンバーチャンヨル、ベクヒョン、ディオ、カイ、スホ、セフン(以下、EXO-K)、チェン、シウミン(以下、EXO-M)などの8人に、中国のメンバールハン、タオ、クリス、レイ(以下、EXO-M)など4人を加え、デビュー当初から中国市場を狙っていることがわかる。

2012年デビュー当時EXOの底力は大きく際立たなかった。しかし、1年間のブランクを経て2013年本体での活動が始まると、情勢は逆転した。「Wolf」で地上波3社の音楽番組で1位を総なめにし、後続曲の「Growl」で地上波3社の音楽番組で3週間連続1位を達成するなど、大ブレイクしたのだ。スペシャルアルバムのタイトル曲「12月の奇跡」で披露したユニット活動でも1位を手にし、“シンドローム”と呼ぶに足りる活躍ぶりだった。

全国的な人気の結果は眩しいものだった。MBC「無限に挑戦」のメンバーたちは、動かない体で「Growl」のダンスを踊り、KBS 2TV「ギャグコンサート」のアン・ソミもやはりセクシーダンスを踊りながら「Growl」を再誕生させた。一般人もUCC(User Created Contents、ユーザー作成コンテンツ)を通じてパロディ隊列に参加した。幾何級数的に膨れ上がったファンダム(特定のファンの集い)も、彼らの人気を代弁している。2013年の締めくくりも充実したものとなった。MMAベストソング賞、MAMA今年のアルバム賞、ゴールデンディスクレコード部門大賞、ソウル歌謡大賞の大賞などが全てEXOの手に入った。彼らは、韓国音楽界の“ワントップアイドル”の勢いをさらに強固なものにしている。

2013-08-08-exo-1.jpg

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1989808

<
関連記事


韓国スター・ドラマ検索はこちら
http://kankoku.sakuraweb.com/

ブログパーツ
[ 2014年03月14日 22:14 ] カテゴリ:K-POP関連News | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。