HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
「プランマン」ハン・ジミン、端正な美貌だけではない意外な魅力を持つ女優|韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スポンサー広告 >  韓国スター >  「プランマン」ハン・ジミン、端正な美貌だけではない意外な魅力を持つ女優

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --年--月--日 --:-- ] カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | CM(-)

「プランマン」ハン・ジミン、端正な美貌だけではない意外な魅力を持つ女優

2014-01-09-han-jimin.jpg

女優ハン・ジミン(32)の始まりは、11年前の“リトルソン・ヘギョ”であった。色白の美肌と可愛い顔立ち、「私は何も分かりません」と言っているような純粋な眼差しまで。お兄さんたちを虜にした、まさに清純さ溢れる女神の登場だった。世は残酷ながらハン・ジミンにだけ不変の美しさを与え、彼女を見る女性たちを落ち込ませた。

これまでハン・ジミンは自身の最大の長所である端正で清純な魅力を武器に、ドラマで大活躍してきた。強い風が吹けば飛ばされそうなか弱さはもちろん、瞳を玉のような涙で潤ませ、世界が崩れ落ちそうな切なさを表現し、男性ファンの心を揺さぶった。大胆な露出のあるドレスよりは、端正な韓服(ハンボク:韓国の伝統衣装)のほうが似合う女優だった。

そのような彼女が思わぬ変身を試みた。振り返ってみると、本格的な変身は映画「朝鮮名探偵 トリカブトの秘密」(2011、監督:キム・ソクユン、以下「朝鮮名探偵」)だったようだ。濃いメイクにボディラインを強調した衣装で新しいハン・ジミンを見せてくれた。外見だけの変化ではなかった。冷たい表情に毒々しい口調、名家のお嬢様は去り、妖婦がそこにいた。一肌脱いだハン・ジミンは新鮮であり、衝撃的であったが、そんなハン・ジミンに出会えて嬉しかった。殻を破ったハン・ジミンの2度目の飛躍はこのようにして始まったのだ。

「そうですね。『朝鮮名探偵』がターニングポイントだったと思います。それまでは、私が作品を選べるような立場ではなかったので、他のことがやりたくてもできませんでした。似たような雰囲気の役が主に与えられました。機会に恵まれると、ただ一生懸命やるだけで、『これはダメ、あれはダメ』と選べるような立場ではありませんでした。テレビの中の女性というのはいつもそうじゃないですか。愛の前に内気で、傷付きます。変化を与えたくてもドラマの仕事の環境上、簡単ではありませんでした。当然、変身に対する望みは強くなっていきました。その望みを叶えたのが『朝鮮名探偵』とJTBCドラマ『パダムパダム~彼と彼女の心拍音』(以下『パダムパダム』)でした」

「朝鮮名探偵」「パダムパダム」を経てハン・ジミンはより一層大胆になった。デビュー以来初の試みとなるコメディ映画「プランマン」(監督:ソン・シフプ、制作:映画社日就月將)まで辿り着くことができたのだ。なんと清純でセクシーだとばかり思っていたハン・ジミンが、今回は爆笑を誘う。インスタントラーメンを食べながら口元からスープをこぼしたり、ガムを噛みながら眠ってしまったりすることもある。俗離れしている女神かと思ったら、実は焼酎とコプチャン(牛や豚の小腸)のマニアだ。意外にも壊れてしまったハン・ジミンは非常に魅力的だった。

「壊れてしまったというよりは、“お転婆娘”ぐらいにしてください。ソジョンは平凡な女性なんです。時には汚い時もありますが、その分自由奔放でその姿が可愛らしい人物なんです。このように描いてくださったソン・シフプ監督に感謝すべきなのかは分かりませんが……ハハハ。気楽に演じました。面白いですよね。実はこれが本当の私の姿でもありますし。ハハハ」

自身のイメージについて、「包まれています」と語り、豪快に笑うハン・ジミン。周りの知人たちが鼻で笑っていると話し「絶対に可憐ではない」と強調した。たおやかの代名詞だという取材陣の話には爆笑した。

「『たおやかの代名詞』と言ってくださるなんて光栄ですね。実はイメージのせいでプレッシャーを感じるというよりは、私自身が同じ姿に慣れてしまうというのが怖かったです。勇気を出せませんでした。正直、私を見る側も飽きてしまいますよね。私自身もそう感じているので、当然です。変身より挑戦がしたいと思いました。もちろん『プランマン』のソジョンを演じるのに、最初は違和感がありました。『ぎこちなかったらどうしよう』と心配をしましたが、幸いそれほど最悪ではなかったような感じがします(笑)」

筆者は「ハン・ジミンの成長」と言いたかったが、彼女は最後まで拒否した。何か大したことをやったわけではないという理由だった。映画の中で歌やダンスを披露したのは大きな変化とも言えるが、まずは試みたかったという。誰かの前でダンスを披露し、歌を歌う自分を見て恥ずかしくて隠れたいと思ったが、“恥ずかしくないふり”をしたというだけで誇らしいという。勇気を出して挑戦した「プランマン」に100%満足することはできないが、挑戦したということを自分で少し褒めてあげたいという。

「意図的にイメージを作り、隠すつもりはありませんでしたが……ハハハ。男性のファンのみなさんが『たおやか』と思ってくださるのを、嫌う女性はいませんよね。けれど、いつまでも清純で端正なままではいられないのです。これからの女優活動はより一層気楽に、余裕を持って、楽しくやっていきたいです。みんな私のことを気難しく思っているようですが、実は私、そんなに気難しくないんですよ。思われているより平凡です。綺麗に映らなくても、醜く見えても大丈夫です。女優は何でも表現できないと。私ももう結構年なので、実際綺麗なだけではないんです。隠れている贅肉もかなりありますし」

http://news.kstyle.com/article.ksn?articleNo=1985940&categoryCode=IV

<
関連記事


韓国スター・ドラマ検索はこちら
http://kankoku.sakuraweb.com/

ブログパーツ
[ 2014年01月09日 17:17 ] カテゴリ:韓国スター | TB(0) | CM(0)
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
この記事のトラックバックURL

韓国芸能 人気カテゴリー&ページ
カテゴリ
JYJ (940)
2PM (341)
BOA (193)
PSY (73)
2AM (48)
2NE1 (86)
IU (65)
ZE:A (23)
F4 (23)
月別アーカイブ
07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。