HOME 韓国速報.com 韓国経済.com Amazon ショップ
スエ|(No.15006.14915.14538.14537.12548)| 韓国速報.com

韓国速報.com

このサイトは朝鮮日報・中央日報・mydaly・Kstyle・etcの韓国スター及び韓国ドラマを主に紹介しております。
韓国速報.com TOP  >  スエ


女優スエ、2カ月間の熟考の末に事務所「スプ」に移籍!

2013-09-24-sue.jpg

俳優スエ(33、本名パク・スエ)がマネージメント社「スプ」と契約を交わした。

関係者によれば、スエは最近マネージメント社「スプ」と契約を結んで次の作品を準備中であると伝えた。

スエは先月、12年間所属していたスターJエンターテインメントとの契約が満了した。2カ月余り無所属状態だったが、ようやく身を落ち着ける事務所に行き着いた。同社には現在、チョン・ドヨン、コン・ユ、リュ・スンボム、イ・チョニ、ユ・ミンギュ、キム・ミニ、コン・ヒョジンらの大物スターが所属している。スエが合流することによって、より強大な俳優ラインナップを備えることになった。

[ 2013年09月24日 19:19 ] カテゴリ:スエ | TB(0) | CM(1)

スエ、悪女の演技でCMオファーなくなる?

2013-08-15-sue-1.jpg

女優スエが、悪女の演技でCMのオファーが入らなくなったのではないかという一部の憂慮に対し、淡々と立場を語った。

スエは現在放送中のSBS月火ドラマ「野王」で、自身の欲望のためにハリュ(クォン・サンウ)を裏切り、子供まで捨てる非情な女性ダヘに扮し、熱演している。劇中でダヘは義父の殺人罪までかばい、ホストクラブで働きながら自身を支えたハリュに離婚を要求し、財閥家のドフン(東方神起 ユンホ)に抱きしめられ、ドラマチックな緊張感を牽引するキャラクターだ。作品やキャラクターがあまりにもドラマチックで、視聴者から“悪女”と言われているが、演技力が高いからこその結果である。

スエという女優のイメージは、きれいで清純で女性らしいイメージが強かった。主に清楚でかよわい女性を演じ、たくさんのファンから愛され、広告主からのオファーも続いた。しかし、今回「野王」の悪女キャラクターで大きなイメージチェンジを図り、好評を得ると共に悪いイメージが生まれるのではないかと懸念され始めた。さらに、一部では最近契約が終わった化粧品のCMを例に挙げ、広告業界でのスエの立場に対する否定的な観測まで出ている。

[ 2013年09月14日 13:37 ] カテゴリ:スエ | TB(0) | CM(0)

「風邪」スエ“完璧主義?私はただのおとぼけキャラ”!

2013-08-15-sue-2.jpg

女優スエはいつの間にか優雅さの代名詞となった。声一つにも上品さが、仕草一つにも気品が漂っている。美しい外見は改めて言うまでもない。

このようなスエがバラエティ番組でベールを脱いだ。彼女は「ハッピーサンデー-1泊2日」(以下「1泊2日」)に出演して大胆なモクバン(食べる姿)を披露し、前髪をぎゅっと上に結んで、キム・ジョンミンの大げさなリアクション芸をスポンジのように吸収し、他の人たちから付けられた“優雅な女神”という代名詞から抜け出した。

スエは「様々な人と仕事で会った時、自分が自分を保護しなければならないという考えが少しあったみたい」とし、「気軽に近づけるために努力したし、そういう意味で『1泊2日』に出演した」と語った。

「1泊2日」はスエにとって初のバラエティ番組出演だ。今回のバラエティ番組の出演は、韓国で14日に公開された映画「風邪」で共演した「1泊2日」のメンバーユ・ヘジンとの縁により実現した。「1泊2日」が自身を一番よく披露できる番組だと考えたのも出演を決めた理由の一つだ。

スエは「内心はバラエティ番組でもっと上手くやりたかったが、思ったより上手くできなかった。頑張ってみたが、物理的に時間が決まっているため、その中で自分を表現するのが簡単ではなかった。私はバラエティが苦手だと思う」と自評した。

[ 2013年08月15日 19:16 ] カテゴリ:スエ | TB(0) | CM(0)

「風邪」スエ“母性愛の演技ですか?撮影前から怖かったです”!

2013-08-15-sue-1.jpg

「私がどうすれば恐れ多くも母性愛を演じることができるのでしょうか」

女優スエが映画「風邪」を撮影する前に、キム・ソンス監督に言った言葉だ。これまでに映画「深夜のFM」とSBSドラマ「野王」を通じて母親を演じたスエだったが、映画の撮影前に彼女は、もし自分の演技がリアルに見えなければどうしようかと心配した。

しかし、マスコミ試写会を通じてベールを脱いだ「風邪」で、スエは娘ミル(パク・ミンハ)のために自身を投げ出すリアルな母親の姿を完全に描き出して、彼女の能力を改めて証明してみせた。

スエは「以前、母性愛に溢れる母親役を演じたが、子どもとの動きは別だった。『風邪』のように、子どもと直接呼吸を合わす演技は簡単ではないと思っていた。先輩たちが、動物と子供と呼吸を合わせることが一番難しいと言っていたからだ。経験したことのなかったことなので、『できなかったらどうしよう』という不安があった。女性は生まれた時から母性愛を持っていると思うが、恐れ多くも経験したことのない母親について“分かる”と言うことはできなかった」と明らかにした。

続いて、「何かを想像しながら間接的に経験したことを、事実であるかのように表現するのが俳優だと思う。しかし、私が経験したことのない事柄の中でも、多くの人が知っていて、経験したことのある母性愛は、より簡単に見抜かれてしまうように思った。私たちが考える母親という存在は、子供のためにすべてを捨てて駆けつけ、時には友達のように過ごしたりもする。そのような細かい描写に対するプレッシャーと負担があった」と付け加えた。

[ 2013年08月15日 19:13 ] カテゴリ:スエ | TB(0) | CM(0)

悪女女優のスエ、カメラのないところでは正反対!!

2013-03-17-sue-3.jpg

悪女女優スエはカメラが回っていない状態でも恐ろしいだろうか?

スエは15日に公開されたSBSドラマ『夜王』撮影現場での写真で、明るい微笑を浮かべている。

[ 2013年03月17日 13:49 ] カテゴリ:スエ | TB(0) | CM(0)
メモリーボード


メモリーボードに掲載される記事は現在1か月分です
スポンサードリンク


カテゴリーメニュー
人気ページ
月別アーカイブ
04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04  03  02  01  12  11  10  09  08  07  06  05  04 
韓国芸能 人気カテゴリー&ページ